クソガキの告白主演
今野浩喜の今

お笑いコンビ『キングオブコメディ』

舞台 元キングオブコメディの二人は今。 今野浩喜(こんの ひろき、s53.12.12)は、ボケ(たまににツッコミ)担当で今は俳優業で活躍中。

高橋健一(たかはし けんいち、s46.3.30 )は、ツッコミ(たまにボケ)担当2015年年末の逮捕をきっかけにキングオブコメディは、解散。2016年6月保釈され、現在は不明。

2001年NHK『爆笑オンエアバトル』に出演361KBと好成績を残した。
2002年より2年連続で『M-1グランプリ』の準決勝までいったが、決勝まで残せない結果となった。

2005年1月、芸能人事務所「人力舎」所属の芸人11組で結成されたユニット「ビジトジ」のメンバーとして活躍名前を売るきっかけとなった。以降、エンタの神様や爆笑レッドカーペットなどのネタ番組に多く出演するようになった。

実力をつけついに、初の冠番組が決定した矢先の2007年7月、東京メトロ千代田線・北千住?町屋間の満員電車内における痴漢容疑で相方の高橋が荒川警察署に逮捕され、しばらくの芸能活動休止をせざるおえなくなった。そのため、今野は高橋が活動休止中の間ピン芸人として活動した。高橋は居合わせた乗客からの証言などにより、12月に不起訴処分となった。不起訴処分となったため、事務所ライブ「バカ爆走!」で活動を再開した。

2010年6月には、キングオブコメディのライフワークともいえるニコニコチャンネル(サイゾーテレビ)で『ニコニコキングオブコメディ』が開始した。この番組は解散まで続くことになる。

キングオブコント2010で優勝し、3代目王者に輝いた。人気実力とともに世間に知れ渡った。
キングオブコント2010優勝後はコンビ活動のほかに、今野はコントでの演技力が買われ、俳優として映画やテレビドラマ、舞台に活躍の場を広げるようになる。 今野が俳優活動の間の高橋は親交のあるバナナマンの番組に度々一人でゲスト出演するようになった。

2015年12月、高橋が同年の4月に東京都内の高等学校に侵入し、女子高生の制服などを盗んだとして、窃盗及び建造物侵入の容疑で警視庁に逮捕されることになる。高橋は20年前からしていたと供述し、高橋の自宅からは盗んだと思われる制服などが押収された。 12月29日、所属のプロダクション人力舎は高橋との専属契約を解除。そのため、キングオブコメディも解散となった。

それまでも、役者として活躍していた今野さんですが、解散後大河ドラマ「真田丸」・「IQ246〜華麗なる事件簿探偵〜」・「日暮旅人」など、印象に残る役を多くやっていますね。
これからの活躍も期待しています。

主演映画『クソガキの告白』

ストーリー
馬場大輔、32歳。人よりブサイクな自身の顔に勝手に強いコンプレックスを持ち、いい歳して自分の苛立ちを周りの物に当たり散らす、くそガキ野郎。

映画監督を夢見ているが、「映画で言いたいことがないなら映画監督を目指すのなんてやめちまえ」と言われて何も言い返せない。「俺の世界観!」と格好つけているくせに映画を撮ろうともしない。実は何で映画監督を目指しているのか、自分でもよくわからない。

家では二人暮らしの母親に、「いいかげん自分の食いぶちくらい自分で稼ぎなさい。三十すぎてみっともない!」と文句を言われる日々が続いている。

木下桃子、25歳。占いやおまじないが好きな女の子。中学生のときに観た学生映画『LOVEZONE』に魅了され女優を目指す。それは彼女が生まれて初めて持てた夢だった。

高校卒業後すぐに芸能事務所に所属するも女優の仕事はほとんどない。オーディションには落ち続け、たまに出演できてもエキストラ的な役名のない役ばかりだ。

そんな彼女は今日も撮影現場で笑顔をふりまいている。ある日、そんな二人が撮影現場で出会う。そこから奇想天外な物語の幕が開く。

出演者・監督

出演: 今野浩喜, 田代さやか, 辻岡正人, 今井りか, 仲川遥香
監督: 鈴木太一

映画の感想

元キングオブコメディの今野浩喜主演の映画「くそガキの告白」をDVDで見ました。
この映画、2012年に公開だったみたいです。その頃は、まったく興味なし。
キングオブコントの優勝者というくらいの認識でした。

邦画のレンタルコーナーを見ているとこんなパッケージが目に入ってきたわけですよ。


元キンコメの今野が映画初主演。最近、癖のある脇役でよくドラマなんかに出演しているので、気になったので見て見ることにしました。
感想はというと、今野じゃないとできない映画だとおもった。

今野、オンステージで今野を見る為の映画。キンコメのファンだったなら見なきゃ損。コントのときの今野の演技が90分楽しめる映画です。 普段は脇役の今野が主演であのキャラがずっと見えた。

主人公は映画監督志望なんだけど、映画を1本も取ろうとしない。
「こんなクソみたいな人生なのは自分の顔がブサイクだからなんだ」と周囲に悪態をつく困ったやつ。そんなとき、女優志望の女の子に恋をする。 30過ぎて夢ばっかり語って半分ニートみたいな生活する、コンプレックスを爆発させて周囲にキレまくってという設定がまさしく今野のコントでよくやっているオタクプラスキレ芸に見えてまさしく芸人でないとできないのかなぁと思った。

オタクを演じる(本当にオタク)の芸人って考えると、天津 向・ガリガリガリクソン・はんにゃ 金田などいるけどこの役は無理だなぁって思った。

30過ぎにもなって現実との折り合いが付けず、夢にすがりついたまま、しかし女性とどーにかなりたいと考えるまさに「クソガキ」の映画でした。

全てが主人公と合致はしませんが、男ならクソガキだった時はあるはず、クソガキを卒業したあの頃の記憶が戻ってくる映画です。

クソガキの告白PR youtube

高橋の事件内容

事件 事件内容〜記事引用〜
元人気お笑いコンビ・キングオブコメディの高橋健一容疑者(44)が都内の高校に忍び込み、女子高生の制服などを盗んだとして建造物侵入と窃盗の疑いで警視庁に逮捕されたのは昨年12月26日のこと。20年間、仮面をかぶり続けた男はなんと、自らの変わった嗜好性を受け止めることのできる女性を探し求め、ゆがんだ“忍耐試験”を行ってきたという。
 捜査関係者が語る。
「家宅捜索では大型のゴミ袋70個に詰め込まれた制服や下着、生徒手帳など600点以上が押収された。供述から東京、埼玉、神奈川で約20年にわたり50件以上の犯行を重ねていたことが判明しました」

20年間も続けるなんて、恐ろしいですよね。
もちろん女子高校生に手を出すのは犯罪ですが、キングオブコント優勝した人ですからそれなりには、モテてたはずです。
若いグラビアアイドルなんかとも付き合えるような状況なのになぜ?と思いますよね。

芸人仲間の反応〜記事引用〜
「高橋の逮捕後、彼の異常性を知っていたと思われる芸人たちの発言が続々と注目されています。まず同じ事務所に所属するアンジャッシュの渡部建は、数年前のあるインタビューで『高橋の全部が世間にバレたら、テレビに出れない』と薄々感づいていたとも取れる発言をしていたり、プライベートで交流のあったバナナマンは、過去のラジオ番組で共演した際、『何か盗んでないか?』と冗談ながらも執拗に2人が尋ねるという流れもありました」(前出・芸能記者)
芸人仲間の中でも、怪しまれていたようですね。
芸の肥やしにするため、普通の人がしないような遊びをする芸人さんは多いと思いますが、法律の範囲内でして欲しいですよね。
逮捕されてしまっては、芸を見せる場所申してなってしまうのですから。